2006年6月14日 (水曜日)

マニュエル・カステル

◆お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨコハマ経済新聞にて、僕が参加しているサークル、
横浜市立大学広告研究会「学通」が紹介されています。
是非、ご一読を!紹介されている記事はこちら↓
「MM進出でより地域に開かれた大学へ。独法化で変わりゆく横浜市大の現在」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来週は、

火曜日 ゼミにて
水曜日 サブゼミにて

修士論文の発表があります。

今日は、サブゼミの先生から、マニュエル・カステルの本を二冊借りて来ました。

The Informational City: Information Technology, Economic Restructuring, and the Urban-Regional ProcessThe Informational City: Information Technology, Economic Restructuring, and the Urban-Regional Process
Manuel Castells

Blackwell Pub 1991-07
売り上げランキング : 126271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Rise of the Network Society (Information Age, 1)The Rise of the Network Society (Information Age, 1)
Manuel Castells

Blackwell Pub 2000-01-15
売り上げランキング : 4617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

腐った頭で、どこまで読み込めるかとっても不安。

以下、修論書くためのメモ。

”まちづくり”便利帳
このブログの著者である、cheolsaitoさんとは、実際にお会いしたこともあります。
いつも、まちづくりに関する様々な情報を教えてくれるので、とて~も感謝です。

以下、cheolsaitoさんに教えて頂いた中で、修士論文に関係しそーなもの。

国交省:大都市圏におけるコミュニティの再生・創出に関する調査報告書
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/02/020801_.html
CLAIR:米国のコミュニティー協議会(ネイバーフッド協議会/近隣協議会)
http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/cr247m.html
CLAIR:海外比較調査コミュニティと行政 ~住民参加の視点から~
http://www.clair.or.jp/j/forum/compare/0305.html

◆日記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年6月14日(水曜日)
・10時~15時 インターン@四ッ谷
・17時~18時 学通関係のアポイント
・19時20分~21時 サブゼミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

メモ

◆お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨコハマ経済新聞にて、僕が参加しているサークル、
横浜市立大学広告研究会「学通」が紹介されています。
是非、ご一読を!紹介されている記事はこちら↓
「MM進出でより地域に開かれた大学へ。独法化で変わりゆく横浜市大の現在」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■これ↓行きたい・・・

http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/004537.html

■医療系メモ
http://katos.at.webry.info/

◆日記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年6月13日(火曜日)
・6時~8時 ビラ配りバイト
・12時50分~14時20分 サブゼミで発表
・19時30分~ ゼミ飲み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月曜日)

都市とネットワークと雑記

◆お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨコハマ経済新聞にて、僕が参加しているサークル、
横浜市立大学広告研究会「学通」が紹介されています。
是非、ご一読を!紹介されている記事はこちら↓
「MM進出でより地域に開かれた大学へ。独法化で変わりゆく横浜市大の現在」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジェーン・ジェイコブズ追悼

このエントリーを読んで、都市とネットワークの近似性を改めて実感。

修士論文に反映させねば。


雑記

朝、アイディアが
今朝、3時30分頃起床、
でシャワー浴びてる最中に、
現在抱えているプロジェクトに関するアイディアが三つ思い浮かぶ。
こんな朝はステキだな。

最近、平日は目一杯動いている。
目の前のやらなきゃういけないことを片付けている感じ。
「考える時間」が減ってきてるんじゃないかと不安になるけど、
タイトなスケジュールの中でも、「考える時間」を確保する能力を身につけたい。
シャワー浴びてる最中、電車乗っている最中、歩いてる最中。

5年後の自分から、今の自分に対するメッセージを延べよ。
今、隣にいる友人「今、俺笑っている」
俺「あんたのおかげだよ」

限界をみたいっす。
倒れる直前までに自分を追い込みたいっす。

中小企業診断士
今年度、合格してみせます。
絶対、絶対、ぜった~い、合格してみせます。
と言えば、合格できるかな。

『pen』のそば特集がすてき。
近いうちに食べにいこ。

今夜はぐっすり眠れそう。

◆日記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年5月29日(月曜日)
・5時~8時 ビラ配りバイト@シーサイド金沢八景
・10時~18時 インターン@四ツ谷
・18時30分~19時30分 就職先でもろもろの打ち合わせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日曜日)

インドに行くぜ!!

◆お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨコハマ経済新聞にて、僕が参加しているサークル、
横浜市立大学広告研究会「学通」が紹介されています。
是非、ご一読を!紹介されている記事はこちら↓
「MM進出でより地域に開かれた大学へ。独法化で変わりゆく横浜市大の現在」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニュートラル(7) NEUTRAL 美しきインドのこころニュートラル(7) NEUTRAL 美しきインドのこころ
ニュートラル編集部

白夜書房 2006-04-26
売り上げランキング : 11957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近所にある、ATHINE(アシーネ)@ダイエー金沢八景店でこの雑誌を購入。

余談になりますが、ATHINE(アシーネ)@ダイエー金沢八景店、最近改装されてかなりイイ感じです。

本の数が増えただけでなく、色んな特集やったりしてて、面白そーな本がたくさん並んでます。

こんなに立派に改装してダイジョブなの?

売り上げは伸びてんの?

つぶれたりしないよね?

と心配しちゃうほどです。


で、本題にうつりまして、

ニュートラル(7) NEUTRAL 美しきインドのこころニュートラル(7) NEUTRAL 美しきインドのこころ
ニュートラル編集部

白夜書房 2006-04-26
売り上げランキング : 11957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を買ったわけです。

なぜかと言うと、僕インドに行きたいんですね。

学生生活最後の年、色んなところに行きたいのですが、

絶対、必ず、なんとしても

行こうと思っているのが、

インド

なのです。


ヒッピーが憧れる国

ITエンジニアの国

Bricsの一国

ガンジーが生まれた国

そして仏陀が生まれた国


そんなインドに行きたくて行きたくてしょーがないんです。

ということで、

最近、インドに住んでいる彼氏と結婚した知人(インドに移住予定)に、イロイロ教えてもらおうと、

今、このエントリー書きながら、電話かけたんですが。

「お客様のおかけになった番号は現在使われておりません」

というアナウンス…

残念!まっ、他の人に、メアドでもきこ。


で、『NEUTRAL』のインド特集ですが、

これまた素晴らしい。

特集の内容もいんだけど、

なんたって写真が良い。

ますます行きたくなりました。

特集で紹介されている、↓この本も、即アマゾンで購入。

河童が覗いたインド
河童が覗いたインド妹尾 河童

新潮社 1991-03
売り上げランキング : 62732

おすすめ平均 star
star緻密なイラストと大きなインド
starインドの本の中で一番GOOD
star大好きです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

行くのは、早くて今年の10月、

遅ければ来年の2月か3月。

入念な準備をして行こうと思います。

インド情報に詳しい方、

インドに旅行行ったことある方、

イロイロと教えて下さい。

よろしくお願いいます!!

面白情報持っている方は、

こちらまでご連絡を!

よろしくお願い致しま~す。

以下、この号の『NEUTRAL』が取上げられているブログ。

インドに行きたくなる本のご紹介

NEUTRAL 第7号

NEUTRAL

NEUTRAL ニュートラル 白夜書房より

ニュートラル(7) NEUTRAL 美しきインドのこころ / ニュートラル編集部

◆日記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年5月28日(日曜日)
予定全くなし。

◆メモ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浜松医大が講義内容をネットで公開
http://netsyakai.seesaa.net/article/18492320.html

[ウェブ進化論] 「新潮」6月号: 平野啓一郎氏との対談
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060503

『存在と時間』(全3冊)
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0916.html

[コラム] アメリカの大学生のネットワーキングの凄さ
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060323/p1

以下の本も、アシーネで購入。

この人の本は面白いわ。

言ってる内容は代わり映えしなくて、

新鮮味ないところもあるんですけどね。

さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ Say Good-bye to Zombiesさらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ Say Good-bye to Zombies
ベンジャミン・フルフォード

光文社 2006-02-23
売り上げランキング : 77501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火曜日)

「インターネット時代の医療と教育を考える」

◆お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨコハマ経済新聞にて、僕が参加しているサークル、
横浜市立大学広告研究会「学通」が紹介されています。
是非、ご一読を!紹介されている記事はこちら↓
「MM進出でより地域に開かれた大学へ。独法化で変わりゆく横浜市大の現在」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、インターネット総合研究所主催のシンポジウム、

「インターネット時代の医療と教育を考える」

に参加してきました。

会場は、ホテルオークラ東京

プログラムは以下の通り。

◆14:00-14:10 ご挨拶
  藤原洋(インターネット総合研究所 代表取締役所長)
◆14:10-14:55 基調講演「日本の医療の山と谷」
  日野原重明氏(聖路加国際病院 理事長)
◆14:55-15:05 特別スピーチ「世界の中の日本の役割」
  相馬雪香氏(尾崎行雄記念財団 副会長)
◆15:05-15:20 休憩
◆15:20-16:30
  パネルディスカッション「インターネット時代の医療と教育を考える」

・パネラー(氏名五十音順)
開原成允氏(国際医療福祉大学 副学長兼大学院学長 東京大学名誉教授)
渋澤健氏(渋沢栄一記念財団 理事)
藤原洋(インターネット総合研究所 代表取締役所長)
村井純氏(慶応義塾 常任理事兼慶應義塾大学 環境情報学部 教授)

・モデレーター
国領二郎氏(慶應義塾大学 環境情報学部教授)

◆16:45~18:00 レセプション
総合司会:原不二子氏(尾崎行雄記念財団 常任理事)

インターネット(のソフト面、ハード面)にのみ話題が集まり、医療とインターネットの関係、インターネットが医療に与えるインパクト、質的、量的変化、についてはあまり突っ込んだ話しはされなかった。

これが、本シンポジウム全体に対する僕は感想です。

日野原重明氏、開原氏は無論のこと、渋沢氏や他のメンバーも医療(とインターネットの関係)について言及されたが、表層的な点の指摘に終わった感が否めないっす。

診療報酬請求のオンライン化、電子カルテの話しなども話題に上ったけれど、僕が一番知りたかったのは(議論してもらいたかった)のは、インターネットにより、患者さんが手に入れる医学的知識とそれによってもたらされる「医者×患者」の関係の変化(良くも悪くも)という点。全く触れられなかったわけではないが、議論の中心になったわけでもなかった。


日野原重明氏のお話しは大変勉強になりました。

一番印象に残ったのは、日野原氏が引用したオスラーの言葉

Medicine is an art based on science.
医術は科学に基づいたアート(技)である。

日野原氏は、医療においてはサイエンス(科学)だけでなく、リベラル・アーツ(基礎的な教養)が大事、また臨床ではコミュニケーション能力が必要不可欠であるとも指摘。


他にも、日米の医療業界の違いなどの話しもされて大変、勉強になりました。

勢いで、↓を購入。しかもサインもしてもらいました。

私の幸福論―「しあわせ」を感じる生き方
私の幸福論―「しあわせ」を感じる生き方日野原 重明

大和書房 2005-10
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star死が希薄化している時代に読むべき本。
starもう読んでしまいました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の中から、ステキな文章を一節引用します。

存分に生きてきた人は、生まれてきたことへの感謝で人生をしめくくることもできます。残される者たちは、そのとき大きな贈りものを手にします。その贈りものとは、人との出会いの喜びと、いまこうして生きているということの悦びを、以前にも増して深く感じとれるようになったことへの気づきです(185頁)。

◆日記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年5月22日(月曜日)
・5時~8時 ビラ配りバイト
・10時~15時 インターン@四ツ谷
・16時~23時半 就職先の懇談会&会食@丸の内
会食は、RISTORANTE HiRo CENTRO@丸ビルにて。
2006年5月23日(火曜日)
・5時~8時 ビラ配り
・10時30分~11時 学通関連のアポ。
・14時~18時 シンポジウム「インターネット時代の医療と教育を考える」@ホテルオークラ東京に参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水曜日)

コンテンツ連動のアフィリエイトを簡単作成

インターネット広告のRSS広告社が、個人がネット上の商品情報を横断検索してアフィリエイト(成果報酬型)広告を簡単に作れる無料サービスを始めました。

詳細は↓
https://www.rssad.jp/mp/

昨日の日経産業新聞の2面に掲載されていたのを発見し、このサービスを知るに至りました。

早速、申し込んでみよ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年5月 8日 (月曜日)

『ウェブ進化論』と『ダ・ヴィンチ・コード』

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まるウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本日、インターン先で仕事を終えた後、品川駅の本屋に立ち寄りました。

で、びっくり、『ウェブ進化論』が、大量に平積みされてるんです。

「まだ、売り出し中なのか!」と少々驚きました。

また、『日経ビジネス』5月8日号75頁にも、著者の梅田望夫氏のインターヴューが掲載されてました。

インタヴューの内容は、ネットについてというよりも、

エスタブリッシュメント(『日経ビジネス』の読者』)に、ネット世代(若者世代)と付き合うことの重要性などを諭しているもの。

はっきり言ってつまんないです。んがしかし、つまらないけど取上げなきゃいけないほど、ICTリテラシーの格差は広がっているんだろうな…。

中高年の方が、ネットあんまし使えないのは、インフラ、能力の問題よりも、

「心のデジタル・ディバイド」(ボクの造語)

ってのが障害になっていますよね。

んー、自分が年とった時が怖いわ。


同居人に『ダ・ヴィンチ・コード』借りて読みました。

ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダ・ヴィンチ・コード(中)ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダ・ヴィンチ・コード(下)ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この小説の中で言及される、

アレクサンダー・ポープという詩人、

映画「エターナル・サンシャイン」の中でも取上げられています。というか、題名の「エターナル・サンシャイン」は、ポープの一節です。

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディションジム・キャリー ミシェル・ゴンドリー ケイト・ウィンスレット

ハピネット・ピクチャーズ 2005-10-28
売り上げランキング : 318

おすすめ平均 star
star泣いたラブコメ。
star愛は記憶を超えて・・・
starさすが、チャーリー・カウフマン!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

詳細は、「記憶モノの映画」をご参照下さい。

この小説の中で気になった言葉、事柄、連想したものなどを以下、列挙します。


表象文化論
主人公ラングドンの専門の象徴学とも関連のある学問分野(と言えるかな)です。一時期、東京大学の大学院にある「表象文化論コース」に進学したいと考えていました。ドイツ語できなくて、あえなく落ちてしまいましたけど。


■アーサー王伝説
学部生の頃、「ヨーロッパ中世史」という講義で、アーサー王伝説について勉強しました。

アーサー王と言えば、ボクはこの映画↓を思い出しますね。

トゥルー・ナイトトゥルー・ナイト
ショーン・コネリー ジェリー・ザッカー リチャード・ギア

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-09-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『マレウス・マレフィカルム』
学部生の頃、「ヨーロッパ中世史」という講義で、魔女狩りについて学びました。
と、言いたいところですが、講義、ほとんど寝ていたので、あんまし記憶に無い。
『ダ・ヴィンチ・コード』の中で取上げられていています。


■『ドイツ古典哲学の本質』

ドイツ古典哲学の本質 改訳
ドイツ古典哲学の本質 改訳ハイネ 伊東 勉

岩波書店 1973-01
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star愉快でためになるハイネ式哲学解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キリスト教が、原始的な宗教(土着の宗教)をどのように、「異教」、「悪魔崇拝」として押し込めていったかが説明されています。古典的名著ですね。ボクの思い出の一冊です。


■映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
聖杯を扱った最近の映画と言えばこれっすね。

インディ・ジョ-ンズ 最後の聖戦(ワ/字)インディ・ジョ-ンズ 最後の聖戦(ワ/字)
ジョージ・ルーカス フランク・マーシャル スティーヴン・スピルバーグ

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2000-05-26
売り上げランキング : 26,239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木曜日)

『コミュニティ:グローバル化と社会理論』

昨晩、帰宅すると、

『コミュニティ:グローバル化と社会理論』

が届いてました。

コミュニティ グローバル化と社会理論の変容コミュニティ グローバル化と社会理論の変容
ジェラード・デランティ 山之内 靖 伊藤 茂

NTT出版 2006-03-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さらっと目を通してのですが、かなり面白そう&修士論文に役立ちそう。

特に、

第六章「異議申し立てコミュニティ:コミュニケーション・コミュニティという発想」

第九章「ヴァーチャル・コミュニティ:コミュニケーションとしての帰属」

が、参考になりそう。

修士論文で、設定している僕の仮説は以下のような感じ。

まちづくりにおいて、「コミュニティ」(意識)の再生もしくは創造が重要

コミュニティは、様々なメディア、場を通した、コミュニケーションの創造と演出により形成される。
(関連キーワード:アイデンティティ、イメージ)

コミュニケーションの創造と演出を行う際に、ICTが効果的(になりうる場合もある)


こんなことを考えています。


コミュニティとえいば、これ↓

想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行
想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行ベネディクト アンダーソン Benedict Anderson 白石 さや

NTT出版 1997-05
売り上げランキング : 7,503

おすすめ平均 star
star「国民」と言う前に一瞬言葉を飲み込む事になるでせう
star国民国家論を読み解く古典書
star我々の潜在意識にある国民国家

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奨学金入ったら、英語版も買お。

他に、こんな本も。

情報ネットワーク社会とコミュニティ情報ネットワーク社会とコミュニティ
米田 公則

文化書房博文社 2006-02
売り上げランキング : 945,163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メモ

■How is your day?
http://www.howisyourday.com/

■写真をPDFに変換してくれる「ScanR」
http://netafull.net/lifehack/013351.html

■ウェブコンテンツの読み方は“F字”型
http://netafull.net/survey/013350.html

■マクドナルドが24時間営業へ
http://netafull.net/neta2006/013347.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月19日 (水曜日)

イスがベッド と 修士論文

この三日間、

横になって寝てないです。

研究室のマイチェア(先月をもって退職された教授のおさがり)が、

ベッド代わりになっていました。

今夜は久しぶりに、自宅のベッドで寝ようと思って、

研究室の外をみたら、

雨降ってる

研究室には、傘のストックがあったはずと周りをみたら、

一本もない…

つ、ついていない。


来週の水曜日、ゼミで修士論文の発表をしなくてはなりません。

僕にしては珍しく、早速、レジュメ作成に手をつけました。

以前はワードでレジュメをつくっていたのですが、

最近は、もっぱらパワーポイント。


完成したら、このブログにもアップする予定です。

乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木曜日)

アンビエント・ファインダビリティ

一昨日、参加したDESIGN IT!の場で購入した、

ピーター・モービル著『アンビエント・ファインダビリティ:ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅』を、先ほど読了。

とても、刺激的、かつ面白い内容でした。

近いうちに、感想をアップします。


こんなイベント ↓ も発見。

ウェブ、検索、そしてコミュニケーションの近未来カンファレンス

こりゃ、参加せねば。


↓これ面白い、早速、自分のブログで試してみました。

つながりの視覚化

いずれ、人間に適用できるようになるのでは?


雑感

ウェブ関連の流れは、

見つけやすさ

へと向かっているが、

見つかりにくさ

の価値を考えてみるのも面白いのでは。

何かを「隠すべきもの」だから隠すのではなく、

「隠すという行為」によって、その何かの「価値」が生まれるものもあるはず。

ここらへんを突っ込んで、考えてみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)