« 北斎展 | トップページ | 病院で死ぬということ »

2005年11月25日 (金曜日)

情報処理&発信能力の向上

本ブログで公開予定のネタが焦げ付き始めました。不良債権にさせないためにも、情報処理&発信の能力を向上させたいと考えております。

といっても、今回のエントリーは、情報処理&発信能力向上のためのノウハウについてでなく、今、僕が抱えているネタについて。

あと、僕の情報収集の流れについて、ちょこっと整理。

以下、焦げ付き始めつつあるネタです。

1 第1回「Y‘イノベーション」フォーラム
 小牟田哲博氏氏のお話しの紹介
 クリスピン・ジョーンズ氏のお話しの紹介

2 石川県金沢市 調査旅行のレポート

3 金沢21世紀美術館に関するレポート

4 SFC ORF 2005のレポート

5 東京国立博物館「北斎展」と「華麗なる伊万里、雅の京焼展」のレポート。

特に、1などは、記憶が薄れつつあり、不良債権となりそう…。

今夜中に、なんとか、1、2、3をまとめあげる予定です。


さて、本エントリーのもいっこのネタである、「僕の情報収集の流れ」の整理&紹介を行いたいと思います。

なぜ、このようなことを行うか説明します。

今週の火曜日に、SFCのORF2005に行ってきたのですが、そこで、大変な感銘を受けたんですね。

「SFCの研究・教員・学生のレベルの高さ」

「ICT利用の可能性の可能性」

「ORFの規模と内容の充実度」

などなど、様々なものに驚きつつ、感銘を受けました。
(あと、羨望と悔しさも。)

また、こういった、研究発表会やフォーラムに無料で参加できることに驚き、これからも、こういったものに、どんどん参加していきたいなと思ったんですね。

で、僕は、このORFをどういったきっかけで知ったのか、頭の中を探ってみたわけです。

SFC ORFに到達するまでの流れを以下に示したいと思います。

SFC ORF 2005 
 ↑

『日経ビジネス』11月7日号 特集:こんな会社で働きたい

 ↑

メルマガ「平成・進化論。」
 このメルマガ読者限定 『日経ビジネス』8週間無料購読

 ↑

『ウケる技術』著者の一人、水野敬也氏の「ウケる日記」
 このサイトの中で、「平成・進化論。」が紹介されていました。

 ↑

『ウケる技術』

 ↑

ナンパ・トーク関係のマニュアル本が好きな自分


と、こんな感じ。

「ナンパ・トーク関係のマニュアル本が好きな自分」という点から出発して、日本のICT利用に関する最前線の研究にまで到達したわけです。

うむ。 素敵な流れだ。

■日記□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

・11月25日(金曜日)

疲れがたまったためか風邪気味だったので、凸版印刷のセミナーを欠席してしまいました。担当者の方、申し訳ございません…。謝罪のメールおくらねば。

昼過ぎまで寝た後、積読状態だった『グールド魚類画帖』を読み進める。『invitation』2005年10月号のレヴューコーナーで紹介されていて、面白そうだったため、この本を購入しました。読み出すとハマりそうで怖い…。研究室に持ってきてしまったので、今夜行う予定のタスク手をつけないまま、この本を読んでしまいそう…。

17時過ぎに家を出て、途中にあるブックオフで本を購入。

家田荘子『ラブ・ジャンキー』
大前研一『ドットコムショック』
小林貞夫編著『「戦略広告」の時代』
坂本龍一監修『非戦』
山崎章郎『病院で死ぬということ』
湯浅正敏編著『放送VS通信』

の六冊を購入。

研究室に着いた後、たまっていたメール送信&返信。今夜は、研究室に泊まって、ブログ用ネタの整理と、来月控えている修士論文関係の発表×2を進める予定。TOUGHな夜になりそうDAZE!

■pick up news□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

歌舞伎がユネスコの無形文化遺産に
http://www.asahi.com/culture/update/1125/014.html

あぁぁぁ、歌舞伎見にいきたい。
でも、お金ない…。

誰か、僕を歌舞伎鑑賞に、奢りで連れて行って下さ~い。

お願いしまーす。

|

« 北斎展 | トップページ | 病院で死ぬということ »

コメント

spinning Lacey,populate!magpie!Mexicanize Ceylon whipped ...

投稿: | 2007年7月23日 (月曜日) 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36012/7315948

この記事へのトラックバック一覧です: 情報処理&発信能力の向上:

« 北斎展 | トップページ | 病院で死ぬということ »