« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木曜日)

spoken words

皆さんは、spoken words(スポークン・ワーズ)という言葉を聞いたことがありますか?

spoken wordsとは、ポエトリー・リーディング-人前で詩を読むスタイルの一つです。

関連する言葉に、slam、open mikeなどがあります。

言葉の意味は、こちらをご参照下さい。

続きを読む "spoken words"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年6月29日 (水曜日)

北野武 映画「Dolls」

僕は、恋愛モノの映画や小説が大好きです。

ベタベタなラブ・コメから、悲劇の恋愛、「狂気の愛」系、「大人の恋愛」系、など何でも好きです。

で、今回、取り上げるのは、北野武監督作品の映画「Dolls」
「Dolls」公式ホームページはこちら

上記の分類では、「狂気の愛」系に属するかもしれません。

続きを読む "北野武 映画「Dolls」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火曜日)

靖国神社

最近、靖国神社に関する本を購入しました。

購入したのは、大江志乃夫『靖国神社』坪内祐三『靖国』高橋哲哉『靖国問題』、の三冊。

続きを読む "靖国神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日曜日)

幸田文『台所のおと』

携帯電話から投稿しています。ちゃんとアップできるか、ちょっと不安。

アマゾンで購入した、幸田文の短篇集『台所のおと』が、昨日届きました。

表題作の「台所の音」は、「音」に絡み合う男女の心の綾を描いたもの。

二人の関係によって、愛しくも、そして煩わしくもなる「音」。長年連れ添った妻の発する「音」に、彼女の心の揺れ動きを感じとる夫。

人の心の襞を描き出している佳作です。

※正確なタイトルの表記は、『台所の音』ではなくて、『台所のおと』でした。訂正しておきます。ついでに、アマゾンのリンクも貼っておきました。(6月27日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土曜日)

お酒との出会い

とっても暑い一日でしたね。

というか、日が沈んだ今も充分に暑い。

暑いときに飲むよく冷たビールは、そりゃウマイですよね。

と、考えていたら、ふと自分とお酒の出会いを思い出が脳裏を横切りました。

続きを読む "お酒との出会い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金曜日)

『金融グローバル化の危機』

発表の準備のために、『金融グローバル化の危機』という本を読んでいます。

この本の要旨はこうです。

行き過ぎた国際金融市場の自由化は、各国の経済に悪影響をもたらすことが多い。1997年のバーツ暴落をきっかけに始まったアジア通貨危機もその一例だ。このようなシステミック・リスクを回避するために、国際金融市場に対して規制を行う国際的な機関を設立しなければならない。

第一章は読んで比較的簡単に内容は理解できたんですが、僕が発表を担当する第二章はさっぱりわかりません。

続きを読む "『金融グローバル化の危機』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木曜日)

musical baton

※お知らせ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

僕が通っている横浜市立大学で、数人の学生が「NOB」という有志の組織を立ち上げ、様々な活動を行っています。そのNOBのイベントが7月4日に行われます。テーマは「学生が見たベナン」。ベナンに興味がある方、市大をどーにか盛り上げたいと考えている方。是非、ご参加下さい。イベント詳細はこちらを。生憎、僕は横浜アートプロジェクトの仕事があるため参加できないのですが、市大在校生、OG・OBの皆さん、ふるってご参加下さい!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「柴田祥の金沢八景芸術祭」読者の皆様へ。

お久しぶりです、柴田です。
はやり目にかかってしまい、ブログのアップ怠ってました。

更新をチェックしていた方、誠にスミマセン。

m(。_。 )m ペコリ

ほぼ治りましたので、これからはまた、ビシバシとアップしていきます。

復帰後一発目の今回、取り上げるのはmusical baton

続きを読む "musical baton"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月15日 (水曜日)

はやり目

にかかってしまいました。

しかも両目とも。

目やに止まらないし、すごく痛い。

函館を出て、金沢八景に住んで今年で七年目。

一回も病院に行ったことがなかったのですが、

今日、眼科に行ってきました。

体調悪いときは、精神的にもへこみます。

目に負担かけれないんで、パソコン使う作業はほとんどできません。

読書もできん。

英語のリスニングの勉強でもします。

酒でも飲みながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日曜日)

ナンパする人・しない人

皆さんは、ナンパしたことありますか?

僕はあります。

皆さんは、ナンパされたことありますか?

僕はありません。

続きを読む "ナンパする人・しない人"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土曜日)

「記憶」をめぐって③

映画「カサブランカ」の中で、ハンフリー・ボガードが、イングリット・バーグマンとの別れの場面でこんなことを言います。映画を見直していないので、確かではないのですが、こんなことを言ってました。

「君と過ごしたパリの思い出で生きていける。」

「記憶」、「思い出」ってすごい力を持っていますよね。
ということで、「記憶」をめぐってシリーズの続きをお送りいたします。

過去の記事はこちら↓。
「記憶」をめぐって
「記憶」めぐって②-1

今回タイトルを③としたのは、②-1の続きではないからです。

続きを読む "「記憶」をめぐって③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金曜日)

『NPOと新しい社会デザイン』

大学院のゼミで、塚本一郎、古川俊一、雨宮孝子編著『NPOと新しい社会デザイン』(同文舘出版、2004年)を読みました。

続きを読む "『NPOと新しい社会デザイン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木曜日)

恋愛とは?

三日ぶりのアップです。
こんなにブログをアップしないのは、ほぼ二ヶ月ぶりです。

続きを読む "恋愛とは?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日曜日)

パーティー

僕は、パーティー&飲み会が好きだ。子どもころから好きだ。

続きを読む "パーティー"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年6月 4日 (土曜日)

デイヴィッド・スロスビー『文化経済学入門』

大学院の講義で、ディヴィッド・スロスビー『文化経済学』(中谷武雄、後藤和子訳、日本経済新聞社、2002年)をテキストとしたのがあったんですが、昨日の金曜日で、この本はひとまず終了。

ちなみに、このテキストの原題は、Economics and Culture(経済学と文化)です。なんで、「文化経済学入門」ってタイトルにしたんですかね。確かに、内容を考慮すると「文化経済学」という日本語訳も間違いではないですが、適切な訳とは言えないでしょう。

続きを読む "デイヴィッド・スロスビー『文化経済学入門』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金曜日)

昨日は

高校時代の友人達と飲みました。

飲みすぎで、久しぶりに吐きました。

いやはや。

そば食いてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木曜日)

「記憶」をめぐって②-1

今回は、「記憶の中に 君を描くよ それだけでいい」(平井堅「瞳を閉じて」)と、歌にも頻繁に登場する「記憶」を取り上げます。以前に「記憶」をめぐってという記事を書きましたが、今回はその続きです。

ポイントは、
①「死者の記憶」に代表される「不可能な記憶」を、いかに知ることができるのか?
②「記憶(=歴史)のヒエラルキーを転倒しうるものは?

です。

佐藤啓介氏の「Pensiero: ひっそり考えるページ」掲載されている文章「救われない記憶」に触発され、「記憶」についての記事を書くことにしました。佐藤氏の思考のレベルとは程遠い僕の考えですが、「記憶」に興味のある方は、ご一読を。

続きを読む "「記憶」をめぐって②-1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水曜日)

歩きで、金沢八景→鎌倉

今日は、大学院のゼミの一環で、金沢八景から鎌倉まで歩いてきました。

円海山・大丸山のハイキングコースを、てくてくと歩きました。

続きを読む "歩きで、金沢八景→鎌倉"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »